2/2ページ

2/2ページ
  • 2018.05.25

高齢者の交通事故後遺障害における慰謝料

交通事故後遺障害を負った場合には、その精神的および肉体的な苦痛に対しての慰謝料のほか、治療費や休業損害、逸失利益などのさまざまな項目にわたる損害賠償金を加害者に対して請求することができます。 高齢者という年齢的な要素 この場合、被害者がどのような立場にあったとしても、最低限の補償が受けられるべきですが、場合によっては高齢者という年齢的な要素を理由にして、慰謝料をはじめとする損害賠償の支払い金額が少 […]

  • 2018.05.25

主婦が交通事故後遺障害に、慰謝料はどうなる

給与取得者と主婦との間で支払い額に違い 交通事故で負傷した後、完全に回復することが出来ず何らかの後遺症が残り、将来的にも改善を見込めない場合には、交通事故後遺障害に認定を受けることがあります。この認定は後遺障害等級に該当するか否かで判断されることになりますが、その場合加害者側の保険会社から、障害等級に応じた慰謝料の支払いを受けることが出来ます。 ただし一般の給与取得者と主婦との間で支払い額に違いが […]

  • 2018.05.25

会社員が交通事故後遺障害を負った場合の慰謝料

会社員が後遺障害を負った 会社員が交通事故後遺障害を負ってしまった場合には、そのまま勤務できる可能性はあるものの、これまでの勤務形態や職種によっては、大幅な変更によって収入が減少してしまったり、もっとも影響が大きな場合には会社を退職せざるを得なかったりすることがあります。少なくとも後遺障害の場合には、治療で完治できる一般的なケガとは違って、病院を退院したあとでも心身に永続的な影響が残ることは考慮さ […]

  • 2018.05.25

自営業者が交通事故後遺障害を負った場合の慰謝料

自営業者が交通事故後遺障害を負ってしまった場合 交通事故後遺障害を負ってしまった場合には、被害者は加害者に対して慰謝料その他の損害賠償を請求することができます。その金額は常にどのような場合でも一定しているとは限らず、交通事故後遺障害の程度の認定結果によっても違いますし、示談や民事裁判といった経過によっても違いが生じることがあります。 特に自営業者が交通事故後遺障害を負ってしまった場合には、一般的な […]

  • 2018.05.25

会社役員が交通事故後遺障害を負ったときの慰謝料算定について

役員と逸失利益 取締役などの会社役員が交通事故後遺障害が残った場合の慰謝料などの損害賠償を算定するにあたり、問題になるのは休業損害を請求できるのかが大きな問題になります。特に後遺障害逸失利益が認められるのかが争点になることが間々あるのです。 ここに後遺障害逸失利益とは、交通事故による後遺障害が原因で労働能力が低下するために、将来得られてであろうと予想される収入が得られなくなることを指します。後遺障 […]

  • 2018.05.25

むち打ちで交通事故後遺障害の慰謝料請求が可能か

追突事故 交通事故に巻き込まれることがありますが、例えば信号で止まっていた時うしろから車に追突された場合にはむちうちになる可能性があります。 むち打ちは、外部から首に急激な力が入ることで首の神経や関節部分がおかしくなり痛みを伴う症状です。数カ月で治れば問題ありませんが、首は非常に神経がたくさん通っているところですので、少しの損傷でも手足のしびれなどが発生することも少なくありません。しかも、手足のし […]

  • 2018.05.25

交通事故後遺障害でヘルニアになったときの慰謝料は?

交通事故で強い衝撃を受けると椎間板ヘルニア 交通事故で強い衝撃を受けると椎間板ヘルニアなどの交通事故後遺障害が出る場合があります。この病気は激しい痛みや痺れなどを引き起こし日常生活にも支障をきたすので、交通事故の後遺障害認定等級を受けることで、より高額な慰謝料を手にすることも可能です。 背骨は7つの堆骨からなる頚椎、同じく15個からなる胸椎、そして5個からなる腰椎がなだらかなS字型のカーブを描いて […]

  • 2018.05.25

手首をけがした時の交通事故後遺障害による慰謝料請求

交通事故は、可能なかぎり被害者になりたくありませんが運が悪いと道を歩いているだけで被害者になってしまうことがあります。このような場合には、運転者に対して損害賠償請求することができるのは言うまでもありません。 交通事故で手首を怪我 手首をけがした場合には、どのような慰謝料請求ができるか気になるところですが、手首のけがといっても様々な状態が考えられるでしょう。基本的には、手首の痛みが伴う場合には交通事 […]

  • 2018.05.25

脳に交通事故後遺障害を負った時の慰謝料とは

脳を損傷で交通事故後遺障害 交通事故の被害者となってしまう例は珍しいことではなく、中でも運が悪く脳を損傷してしまった時には、交通事故後遺障害になってしまうこともあります。この時に慰謝料を請求することができるのですが、弁護士に任せた場合には損害を受けた額だけでなく、障害認定の級によっても額が変わってきます。 まず算出基準となるのは事故当時にどんな仕事をしていてどれくらいの収入があったかです。収入が高 […]

  • 2018.05.25

交通事故後遺障害で整骨院での施術料も慰謝料に含まれるのか

交通事故の被害者は整形外科などに入院や通院を余儀なくされればその治療費は、すべて加害者側の保険会社から支払われることになります。交通事故による受傷の程度にもよりますが、速やかに回復する人がいる一方で、時間をかけてもなかなか芳しい回復を見せない場合もあります。 頚椎捻挫(むちうち症) 特に問題になるのは頚椎捻挫(むちうち症)です。交通事故後遺障害の代表的な症状ですが、画像診断ではすでにキズは回復して […]