主婦が交通事故後遺障害に、慰謝料はどうなる

主婦が交通事故後遺障害に、慰謝料はどうなる

給与取得者と主婦との間で支払い額に違い

交通事故で負傷した後、完全に回復することが出来ず何らかの後遺症が残り、将来的にも改善を見込めない場合には、交通事故後遺障害に認定を受けることがあります。この認定は後遺障害等級に該当するか否かで判断されることになりますが、その場合加害者側の保険会社から、障害等級に応じた慰謝料の支払いを受けることが出来ます。

ただし一般の給与取得者と主婦との間で支払い額に違いがあるのでしょうか。両者の違いは定期的収入の有無になりますが、その点の違いが反映されることになるのか、主婦が交通事故後遺障害で慰謝料の支払いの全体像を検討して参りましょう。

最初に交通事故における損害賠償の基礎的知識を確認しておきます。交通事故による損害は大別すると財産的損害精神的損害の2つからなっているのです。慰謝料とは後者の精神面でのダメージを慰謝する趣旨で支払われることになります。

この損害はさらに場面ごとに応じて、3種類が認められておりそれらの合算額が賠償の全体像を形作ります。つまり入院や通院によるものと、後遺障害にたいするものと死亡した場合の3種類のことを意味している訳です。

被害者は治療の為に入院や通院を余儀なくされますが、家事の時間を融通できなかったり、通常通りの生活からの変更せざるを得ないなど精神的損害が生じます。そこで損害賠償を支払って当然と考えられているのです。この場合の賠償額の算定にあたっては、入通院期間を基礎に計算されることになります。

このような精神的損害は職業の如何によって左右されるものではありません。そのため主婦であっても額に違いはありません。むしろ子育ての為に入院を途中で切り上げたような事情があると増額されることもあるほどです。

後遺障害が残ると家事動作に支障が出る

後遺障害が残ると家事動作に支障が出ることが多く、生活上の不便を強いられることになり当然精神的損害が発生します。そのためこれを慰謝してしかるべきなので、損害賠償の対象にされている訳です。後遺障害が残存したことによる不都合も職業によって変化する事情はないので、この点も計算方法に違いが設定されてはいません。

死亡した場合の損害賠償の根拠は、死亡してしまった本人の精神的損害と遺族の悲しみなどの損害の二点からなります。特に家庭内では母親として妻として中心的存在がなくなることには、とりわけ残された子供などは強い喪失感を味わうことから高めの額になる傾向があります。この点では慰謝料がむしろ他の職種に比べると多額になる可能性もあります。

ところで交通事故では財産的損害を検討するときに、逸失利益の算定も重要なファクターになります。例えば給与取得者が交通事故で後遺障害が残り労働能力の減退や喪失をともなえば、将来働いていれば得ることが出来ると予想できる金額を逸失利益の形で損害賠償に含めるのは納得できるでしょう。

しかし主婦では定期的な収入源を持っていないので、逸失利益を賠償額に含めることが出来るのかが問題となるのです。確かに家事労働は現金を得ているわけではないので「休業補償」を観念することが出来ないようにも思えます。しかし家事労働をプロの第三者に依頼すれば当然報酬が発生します。つまり一般社会において家事労働を金銭的に評価することが出来るので、家事労働に従事することで財産上の利益を上げていると考えることが出来ます。

その結果、収入のない主婦であっても逸失利益を請求することが出来るわけです。この部分は誤解されがちですが、交通事故で示談が一度成立してしまうと、後日追加請求することは原則できなくなるので注意が必要です。慰謝料と並んで逸失利益の請求は交通事故での損害賠償では大きな割合を占める部分なので慎重な姿勢で示談に臨むことが求められます。

主婦カテゴリの最新記事