交通事故でケガしたら、接骨院と整形外科の併用に注意しよう

交通事故でケガしたら、接骨院と整形外科の併用に注意しよう


交通事故でケガをした時に接骨院に通院すると、トラブルが起こることがあります。接骨院と整形外科のどちらを先に受診するかによって、慰謝料の金額に差が出たり、損害賠償金の請求に支障をきたすことがあるので注意が必要です。そのような事態を避けるためにも、事前に正しい知識を身につけて、正しい順序で治療を受けるようにしましょう。

接骨院と整形外科の違い

交通事故でケガを負うと、接骨院や整形外科を利用することになります。ただ、接骨院と整形外科の通院方法を間違えると、思わぬトラブルに発展することがあるので注意が必要です。まずは接骨院と整形外科の違いをよく理解しておきましょう。

まず接骨院とは、柔道整復師という国家資格を有した専門家が治療を行う施設のことを指します。接骨院は腰痛や捻挫、むちうち症(頸椎捻挫)や打撲、肉離れといった医療機関で見つかりにくい症状を得意としています。一人一人の状態を見て痛みの原因となる部分を発見し、一人一人にあった施術を行います。ただ、柔道整復師は医師ではないため、医療行為を行うことはできません。柔道整復師が施術を行う場合は、医師の同意が必要です。医師の同意なしに柔道整復師が扱えるのは、捻挫と打撲だけです。

一方、整形外科とは運動器の治療を行う外科のことで、医療機関にあたります。医療機関では、手術を要するような重大なケガの治療や、MRI・レントゲンによる精密検査、薬や湿布の処方を行います。

接骨院と整形外科の大きな違いは、医療機関であるかどうかという点です。整形外科は医療機関ですが、接骨院は医療機関ではないため、MRIやレントゲンなどの精密検査を行っていません。接骨院で受けられるのは、症状緩和のためのマッサージなどの施術のみです。整形外科で受診すると、医師による正式な診断書をもらうことができますが、接骨院は医療機関ではないので検査結果が残りません。この検査結果があるかどうかという点が、交通事故の慰謝料をもらう際に非常に重要なポイントとなるので注意が必要です。

最初に受診すべきは整形外科

交通事故のケガを治療する時は、接骨院と整形外科を併用することができます。ただし、受診する順番に注意が必要です。ケガを治療する際は、必ず最初に整形外科を受診しましょう。

なぜ整形外科を最初に受診するのかというと、損害賠償金の請求には医師の診察が必要になるからです。交通事故によってケガを負った場合、医師の診察と治療を受けないと損害賠償請求が行えません。また、医師の診断がないと、治療費請求や後遺障害認定に支障が出る場合もあります。確実に補償を受けるためには、医師の診断が必要不可欠です。接骨院の診断には法律的な権限がないため、裁判になった場合、損害賠償金の請求に支障をきたす可能性が高くなります。

交通事故には、むち打ち症など交通事故特有の負傷があるため、その場で痛みを感じなくても、数日経過してから痛みが出るケースが多々あります。今は軽い症状であっても、後から症状が重くなってきたケースもあるので、整形外科を初めから受診しておくのが無難です。「後遺症診断書」を作成できるのは医師のみなので、必ず先に整形外科を受診しましょう。

「大きなケガじゃないから大丈夫だろう」と思って最初に接骨院を受診してしまうと、後悔することになります。整形外科を受診する時は、できれば精密検査も受けて、領収書などを保管しておきましょう。整形外科にかかった治療費や検査費用は、加害者に請求することができます。接骨院に通うのは、整形外科で診断を受けた後からになります。接骨院に最初に通うと慰謝料額が下がってしまうので注意が必要です。このような事態を避けるためにも、受診する順番を間違えないようにしましょう。

保険会社とのトラブルに注意

接骨院に通うことは、交通事故によるケガからの回復やリハビリに有効です。しかし、保険会社にしてみれば支払う治療費・慰謝料などの負担が増すだけなので、接骨院にできるだけ通ってほしくないというのが本音です。そのため、交通事故被害者と保険会社の間で、トラブルになるケースが多々あります。保険会社は自分たちの負担を少しでも減らそうと、整骨院での治療打切りの通達をしてきたり、費用の支払いはできないと一方的に通達してくるような人までいます。

保険の素人である被害者にしてみれば、強く押されると保険会社の言うことが正しく思えてしまい、多くの被害者が保険会社の言うままになっています。接骨院に通うことは被害者の自由なので、保険会社に決める権利はありません。保険会社とのトラブルを放っておくと、保険会社から治療費が支払われなくなってしまう可能性があるので、早めに対策をうつ必要があります。

保険会社とのトラブルを防止するには、整形外科の医師の協力が必要です。整形外科の医師に「接骨院での治療が必要である」という判断をしてもらえば、保険会社が支払いを拒絶することも少なくなります。接骨院に通う前に必ず医師に相談して、きちんと同意をもらいましょう。整形外科での治療が不満だからといって、医師の同意なしに接骨院へ通うのはNGです。トラブルを悪化させないためにも、医師と良好な関係を築く必要があります。

ただ、医師の中には接骨院を信用していない人や、あとから訴えられるのを恐れて、接骨院への通院に同意してくれない医師もいます。そのようなトラブルを避けるためにも、整形外科に通う時は接骨院への通院に理解のある医師を選びましょう。接骨院への通院に同意してくれないなら、医師を変更するなどの対処が必要です。

トラブルを避ける方法

しっかりした手順さえ踏んでいれば、接骨院を受診しても慰謝料を高く受け取ることは可能です。ただし、一歩間違えれば、大変面倒なことが起こる可能性もあるので、素人が安易な判断をするのは禁物です。自分の判断で慰謝料の額が変わってくる可能性もあるので、専門家の意見を聞くことが大事です。

面倒なトラブルを避けるためにも、事前に弁護士に相談しておくのがベストです。被害者と保険会社の間では、接骨院への通院を巡ってトラブルが発生しやすいですが、事前に弁護士と契約していれば、このようなトラブルに適切に対処してくれるので安心です。医療や保険に詳しい弁護士を味方につけておけば、保険会社の間違った指摘へ反論することもできます。事故後のトラブルに巻き込まれないためにも、交通事故の専門家である弁護士を早めに代理人にしておきましょう。

弁護士がいれば、保険会社対応や医師対応など、様々なかたちでサポートしてもらうことができます。慰謝料の増額を勝ち取ってくれたり、整骨院への通院の正当化を立証してくれるので、気苦労を重ねることもありません。一生懸命リハビリに励んでいる中で、保険会社の対応をするのは大変ですが、弁護士なら様々な手続きを代わりに行ってくれるので、交通事故の被害者は治療に専念することができます。

保険会社とのトラブルを決して甘くみてはいけません。トラブルが悪化するにつれて精神的に不安定になり、うつ病を発症する人もいるくらいです。交通事故が起こるとケガの治療や示談などに時間がかかるので、誰でも面倒な事態を避けがちですが、面倒だからといって安易な判断をしてしまうと、トラブルが悪化することもあります。事前に正しい知識を身につけて、適切な対処を心がけましょう。

正しい知識を身につけよう

接骨院と整形外科を併用することは可能ですが、損害賠償請求を行うためにも、必ず最初に整形外科を受診しましょう。接骨院に通院する際は、事前に医師の同意を得ることが大事です。接骨院に通院し始めると、保険会社とトラブルが発生しやすいので注意が必要です。自分でトラブルに対処できない場合は、弁護士に相談して助けてもらいましょう。

交通事故カテゴリの最新記事