交通事故後遺障害で整骨院での施術料も慰謝料に含まれるのか

交通事故後遺障害で整骨院での施術料も慰謝料に含まれるのか


交通事故の被害者は整形外科などに入院や通院を余儀なくされればその治療費は、すべて加害者側の保険会社から支払われることになります。交通事故による受傷の程度にもよりますが、速やかに回復する人がいる一方で、時間をかけてもなかなか芳しい回復を見せない場合もあります。

頚椎捻挫(むちうち症)

特に問題になるのは頚椎捻挫(むちうち症)です。交通事故後遺障害の代表的な症状ですが、画像診断ではすでにキズは回復しており特段の治療の継続は必要ないように見えても、頑固に頭痛やめまい・痺れなどの自覚症状が残ることか多く、本人の身体的精神的苦痛は相当なものがあるのは事実です。

整形外科では望ましい回復が見られないと柔道整復師が経営する治療院などを利用する場面も出てきますが、ここで保険会社と被害者の間でトラブルが生じやすいのです。そこで交通事故後後遺障害における整骨院と保険会社・医師との関係について検討してみましょう。

各種の施術を行う治療院は色々存在していますが、中でも整骨院とは国家資格の柔道整復師が「施術」を行うことを主たる業務にしているものです。柔道整復師による施術を受けて、むちうち症などに改善が見られることも実際に経験されているので、整形外科での治療と同時に施術を受ける人も一定数存在しています。

ここでまず注意を払うべきなのは、整形外科などの主治医との関係です。整形外科医での治療の結果、症状が改善して軽快すればそれ以上の施術を受ける必要はありません。しかるにむちうち症ではX線画像診断などの他角的検査では異常が認められないことも多く、積極的な治療が行われず頑固な症状に悩まされることも少なくありません。

整骨院利用時の注意

そこで柔道整復師などの別のアプローチでの改善を図ろうと考えるのは当然とも言えるでしょう。しかし整骨院の利用をする意向なら事前に整形外科医にその旨を申告しておくことが不可欠です。出来れば医師の同意書を得ておくことが出来れば万全です。仮に事後報告する形をとると、あからさまに不快感を示し、その後の治療もギクシャクすることになります。

特に障害等級認定の際には医師の診断書が必要になるので、主治医との信頼関係を維持することは非常に重要です。仮に柔道整復師の施術の結果被害者の身体に悪影響が出ると、第一次的に訴えられるのは主治医となる可能性が高いからです。

医師の同意のもとで整骨院での施術を開始したときには、加害者側の保険会社の対応に注意を向ける必要があります。その事実を知った保険会社の担当者のなかには柔道整復師による施術にたいする支払いに難色を示す場合があるからです。なかには病院以外の施設での施術などは回数を減らしたり、通院をやめるように働きかけることもあるほどです。

このような対応に出るのは保険会社の視点に立てば理解できるでしょう。例えば整形外科にはせいぜい週一回程度の通院になるのが通常です。これに対して柔道整復師の施術は、マッサージなどを駆使するので習慣的に心地よい感覚を得ることが出来るので、整骨院には頻繁に通うケースが多いので、保険会社の負担も病院に比べれば増加することになります。しかも施術費だけでなく、1回通院すると1日あたり4200円の慰謝料負担も発生することになるのです。

このように保険会社にとっては二重の負担が発生することになるので、柔道整復師の施術などは敬遠されるわけです。このような事情が介在して、被害者と保険会社の間で整骨院での施術を巡って、トラブルに発展する可能性があるといえます。ただし柔道整復師の施術で保険適用になるのは、電気療法手技療法温熱療法ストレッチなどに限られ、いわゆる自費診療は保険適用外になるので、事前に確認することも大事です。

後遺障害カテゴリの最新記事