目の交通事故後遺障害がある場合には高い慰謝料が請求できる

目の交通事故後遺障害がある場合には高い慰謝料が請求できる

目に交通事故後遺障害がある場合

目に交通事故後遺障害がある場合には、弁護士に相談をすることで非常に高い慰謝料を相手から請求できる可能性があります。そのため、事前の手続きをきちんと行ってできる限り大きなお金を請求できるように準備しておかなくてはいけません。

基本的に、交通事故の問題というのは被害者と加害者の立場を決めるところから始めなくてはいけません。被害者と加害者側の過失の割合を考慮したり、本当に事件性が存在しなかったのかを把握してから初めて後遺障害の判断に入っていきます。

誤解をしている人も多いですが、後遺障害の認定は独断や偏見で行うものではなく、客観的な基準が存在しておりそれを証明するための証拠も必要になります。特に、交通事故ではケガの度合いによって請求できる金額が大幅に変化する傾向がありますので、対応する保険会社もかなり厳格に審査してきます。

例えば、弁護士が考える後遺障害の基準と保険会社の基準と比較した場合、請求できる金額に最大で3倍から4倍程度の差が存在することもあります。これは、それだけ保険会社の支払う金額が実質的に大きくなってしまう可能性があることを示唆しています。

また、後遺障害には等級認定という位が存在します。一番大きな位の1級だと非常に大きな金額を請求できますが、14級だと最低限の補償に終わります。全ての交通事故後遺障害で大きな金額が請求できるわけではないので、その基準も理解してから正しい金額を請求することが大切です。

そもそも、交通事故における後遺障害というのは、一般的に考えられている後遺症とは全く異なる症状です。普通の後遺症は、ケガをすることによって身体にケガの症状が遺ってしまって生活に支障が生じてしまうようなケースです。

確かに、身体に症状が遺ってしまうことはありますが、将来的にもずっとその症状が継続するのかはわかりません。リハビリを行うことによって、症状が緩和されて結果的に治療できる場合もあります。このようなケースだと、交通事故では後遺障害とは認定されません。

交通事故の後遺障害では、こうした日常生活に支障が生じるようなケガをしたことプラス、その症状がそのまま固定されている状況が必要になります。これを症状固定と言います。今後、リハビリを行ったとしてもその症状が回復する見込みが存在しないと判断されたときに後遺障害は認定されます。これは、目の症状であっても同じであるため覚えておかなくてはいけません。

後遺障害として認定される可能性のある目の症状

では、具体的に後遺障害として認定される可能性のある目の症状はどのようなものなのでしょうか。

まず、視力障害と呼ばれるものがあります。これは、単純に視力が低下してしまってモノが見えづらくなってしまうことです。視力が低下した場合には、本人の努力だけではどうにもすることができなくなることもあるため、この場合には認定されることがあります。前提として知っておかなくてはいけないのは、原則として矯正視力に基づいた判断がされることです。

上記のように、矯正したにも関わらず視力が戻らない場合には本人の努力だけでは既にどうすることもできない状況なのですから慰謝料で補填してもらうしかありません。また、運動障害と呼ばれる症状も代表的な後遺障害と考えられています。これは、交通事故によってまぶたを開いたり閉じたりする力がどんどん弱くなってしまう症状のことです。

運動機能が低下してこうした機能が低下することで慰謝料を請求できる可能性があります。これらの症状を実際に交通事故後遺障害だと判断してもらうためには、診断書をきちんと添付しなくてはいけません。眼球や目に関わる症状だとはっきりと記載してもらう必要があります。

後遺障害カテゴリの最新記事