「交通事故」の検索結果 20件

1/2ページ
  • 2018.06.13

異議申し立ての3つの方法!交通事故の後遺障害認定 

交通事故にまきこまれ怪我をしてしまった場合、怪我の治療がおわったあとも、頭痛、耳鳴り、眩暈、発熱などの後遺症が残ってしまうことがあります。こういった場合、被害者としては、怪我の治療にかかる治療費用(入院通院などにかかる費用、介護費用)などを傷害慰謝料として請求し、医師による症状固定判断を受けたあとに残る後遺症について後遺障害慰謝料を請求して金銭的な損害の填補を受けることになります。 後遺障害慰謝料 […]

交通事故の示談を有利に進めよう!示談書のチェックポイントと注意点

毎日気をつけて運転していても、ある日突然、交通事故に巻き込まれることがあります。交通事故の被害者になってしまったら、 交通事故の示談に関わる適切な知識を武装して、凛とした態度で交渉に臨む必要があります。相手のペースに任せてしまうと自分が後悔するだけです。示談書を作成する際の注意点や、対策方法などを紹介します。 示談書とは? 交通事故が発生した時に、加害者と被害者との間で作られる和解契約書のことを示 […]

  • 2018.06.11

交通事故でケガしたら、接骨院と整形外科の併用に注意しよう

交通事故でケガをした時に接骨院に通院すると、トラブルが起こることがあります。接骨院と整形外科のどちらを先に受診するかによって、慰謝料の金額に差が出たり、損害賠償金の請求に支障をきたすことがあるので注意が必要です。そのような事態を避けるためにも、事前に正しい知識を身につけて、正しい順序で治療を受けるようにしましょう。 接骨院と整形外科の違い 交通事故でケガを負うと、接骨院や整形外科を利用することにな […]

  • 2018.06.11

民事裁判を行う前に交通事故被害者が心得ておくべきこと、最良の解決策とは

交通事故は日常生活の中で誰もが遭遇する可能性のある悲劇です。損害を被った場合に相手方に補償を求める権利があることは、法律の専門家でなくとも分かるでしょう。裁判の様子も映画などのフィクションを通してある程度は知っているはずです。しかし、いざ民事裁判で争うことになった際に、優位に進める方法や最良の選択について知る人は少ないでしょう。ここでは交通事故被害者が事前に把握しておくべき知識を紹介していきます。 […]

  • 2018.06.11

交通事故の慰謝料にかかわる自賠責保険基準と過失割合とは?

交通事故の被害者となった時、治療費の他に慰謝料を相手方から受け取ることができます。示談交渉をする場合も、慰謝料の計算方法や基準を理解していないと、相手方の提示する金額が妥当か分からず損をしてしまうことも考えられます。この記事では慰謝料の決定や比較のベースとなる自賠責保険基準について、計算方法や慰謝料を多くもらうためのコツなどを解説します。 交通事故の慰謝料計算に用いられる3つの基準とは? 交通事故 […]

  • 2018.05.25

子供の交通事故後遺障害における慰謝料の考え方

子供が交通事故 子供が交通事故に遭遇し完全に回復することが叶わず、交通事故後遺障害が残ってしまった場合、大人との違いはあるのでしょうか。大人と違って休業することは観念できないものの将来への長期的影響の懸念がある点や、通院にあたっても付き添いなどが必然的に必要になる等特有の事情が存在します。 このような差異が慰謝料などの額に反映されるようなことがあるのか、年少者ならではの交通事故を巡る損害賠償につい […]

  • 2018.05.25

目の交通事故後遺障害がある場合には高い慰謝料が請求できる

目に交通事故後遺障害がある場合 目に交通事故後遺障害がある場合には、弁護士に相談をすることで非常に高い慰謝料を相手から請求できる可能性があります。そのため、事前の手続きをきちんと行ってできる限り大きなお金を請求できるように準備しておかなくてはいけません。 基本的に、交通事故の問題というのは被害者と加害者の立場を決めるところから始めなくてはいけません。被害者と加害者側の過失の割合を考慮したり、本当に […]

  • 2018.05.25

高齢者の交通事故後遺障害における慰謝料

交通事故後遺障害を負った場合には、その精神的および肉体的な苦痛に対しての慰謝料のほか、治療費や休業損害、逸失利益などのさまざまな項目にわたる損害賠償金を加害者に対して請求することができます。 高齢者という年齢的な要素 この場合、被害者がどのような立場にあったとしても、最低限の補償が受けられるべきですが、場合によっては高齢者という年齢的な要素を理由にして、慰謝料をはじめとする損害賠償の支払い金額が少 […]

  • 2018.05.25

主婦が交通事故後遺障害に、慰謝料はどうなる

給与取得者と主婦との間で支払い額に違い 交通事故で負傷した後、完全に回復することが出来ず何らかの後遺症が残り、将来的にも改善を見込めない場合には、交通事故後遺障害に認定を受けることがあります。この認定は後遺障害等級に該当するか否かで判断されることになりますが、その場合加害者側の保険会社から、障害等級に応じた慰謝料の支払いを受けることが出来ます。 ただし一般の給与取得者と主婦との間で支払い額に違いが […]

  • 2018.05.25

会社員が交通事故後遺障害を負った場合の慰謝料

会社員が後遺障害を負った 会社員が交通事故後遺障害を負ってしまった場合には、そのまま勤務できる可能性はあるものの、これまでの勤務形態や職種によっては、大幅な変更によって収入が減少してしまったり、もっとも影響が大きな場合には会社を退職せざるを得なかったりすることがあります。少なくとも後遺障害の場合には、治療で完治できる一般的なケガとは違って、病院を退院したあとでも心身に永続的な影響が残ることは考慮さ […]